toggle
2016.04.21 Thu

繰り返し読む本

今日は朝から大雨ですね

こんな日は読書にかぎります

(別にDVDを見て過ごしてもいいのですが、一応本屋のブログなので、本をおススメしてます)

わたしはいつも休みの日は、1冊2時間×5冊、だいたい10時間くらい新しい本を読んで過ごしているのですが

たまに繰り返し何度も読みたくなる本もあります

7472

たとえば、江戸川乱歩全集

わたしは「孤島の鬼」が一番好きです

登場人物の個性の強さやストーリー展開、結末

江戸川乱歩という作家は、どんだけ想像力がたくましい人なんだろう

後にも先にもこんな強烈な小説はないと思います

6189

壇ふみ「父の縁側、私の書斎」

お父様、壇一雄さんが最後のときを過ごした能古島の「月壺堂」の思い出や家にまつわるアレコレをつづったエッセイ

この本の「無駄の必要度」という章が一番好きで

「不思議なイタリア料理店へ行った。まず、どこが入り口なのかわからない。」

「たとえば、1個百円の電球を交換するのに天井が高すぎて梯子も届かぬ高さ。足場をくむのに百万円はかかるという。」

「どなたか有名な建築家なんですか?」と女主人に尋ねると「安藤忠雄さん」だったというはなし

どこがどう面白いのか、説明すると長くなるので、続きは本を読んでくださいませ

7487

瀬尾まいこ「強運の持ち主」

占い師が主人公の小説

悩みがあるとき、この本を読むとふっと気持ちが軽くなります

 

書いてる途中で気付きましたが、そういえば繰り返し読む本いっぱいありました

続きはまた今度。。

1515

( ↑ 写真はギターの弦を弾く桜ちゃん)

もし、わたしが楽器を弾くことができたら、休みの日は桜ちゃんとセッションしたかったなぁ~

 

最新記事

  • 2018.08.02 Thu
    出張販売のお知らせ

    暑中お見舞い申し上げます。 随分、ご無沙汰しておりましたが、皆さん、お変わりないですか。 コトリノ・古書店では...

  • 2017.11.17 Fri
    イベントのその後。

    こんにちは。 イベントのことをちょこちょこ更新していくつもりでしたが、 イベント中はとても忙しく、イベントが終...

  • 2017.10.06 Fri
    イベントはじまりました

    ながらくブログを放置しておりましたが、皆様、おかわりないでしょうか。 わたしは、昨日から、井谷ビル2階NOMO...